タイガーウッズは現在何してる?引退はまだまだ先?

当ページのリンクには広告が含まれています。
タイガーウッズは現在何してる?引退はまだまだ先?

男子プロゴルファーのタイガーウッズさんが現在何をしているのかまとめました。

  • タイガーウッズは現在何してる?
  • 引退の可能性は?

「史上最高のゴルファー」と称えられる偉大な男子プロゴルファー!

そんな彼の現在の姿についてご紹介します。

目次

タイガーウッズは現在何してる?

タイガーウッズさんは現役の男子プロゴルファーとしてご活躍中です。

また、二人の子供の父親として子育てにも奮闘しています。

そこで今回は下記4つの観点で詳しくご紹介しましょう。

  • 現役選手としてツアー参戦
  • PGAツアー理事を担当
  • 新ゴルフリーグTGLを企画
  • 父親として子育てに奮闘中

なお、男子プロゴルファーとしては他にもゴルフ大会を主宰したり、チャリティ活動を行ったりもしています。

また、レストラン経営などのビジネスや慈善活動なども手掛けているようですが、今回は割愛させていただきました。

現役選手としてツアー参戦

タイガーウッズさんは現在も現役選手としてツアーに参戦中です。

PGAツアーとしては2023年4月に怪我の痛みの悪化で途中棄権したマスターズが最後となっています。

ただ、ご自身が主宰するヒーロー・ワールドチャレンジの試合参戦を決め、2023年11月28日に開かれた会見で下記のようにコメントしていました。

「来季の僕のベスト・シナリオは、毎月1試合のペースで出場するというパターンだ。2月のジェネシス招待から出場を開始しようと思っている」

出典元:https://www.goo.ne.jp/

2021年2月の交通事故による複雑骨折で切断の危機まであった右足や、昔から痛めている膝や腰のコンディション調整に三週間、試合に一週間かける月一ペースが無理のない現在のベストと考えているそうです。

そして、はじめは2024年2月のジェネシス招待に照準を合わせているとお話してくれました。

なお、ケガによるブランクの影響をご本人も感じていて、自分のゴルフはサビついているとコメントを残しています。

でも、まだまだ現役選手として意欲は失っていないようなので、試合当日までに出来る限り試合勘を取り戻してくるでしょう。

そのため、試合会場でまた彼のプレーが見られる日を楽しみにしています。

PGAツアー理事を担当

タイガーウッズさんはPGAツアーの理事を務めています。

そして、現在は2023年6月に発表されたPGAツアーとLIVゴルフの統合合意を元に、統合内容のすり合わせに尽力しているようです。

満身創痍の身体を抱えながらもゴルフ界のため、プレー以外でも協力していきたいという思いから引き受けたようですね。

確かにトッププレイヤーとして一時代を築き、今も一人の選手としてご活動する彼だからこそ伝えられることがたくさんあると思います。

それに、PGAツアーとLIVゴルフの統合が上手くいけば、ゴルフ界が大きく盛り上がることは間違いないでしょう。

そのため、無理はしてほしくありませんが、仲間の選手たちや多くのゴルフファンのために頑張ってほしいです。

新ゴルフリーグTGLを企画

タイガーウッズさんは2024年1月から始まる新ゴルフリーグ「TGL」の企画者の一人です。

TGLは最新テクノロジーとゴールデンタイムのライブアクションを融合させたエンターテイメント性の強いゴルフリーグとなっています。

具体的には巨大スクリーンを使用したシミュレーターと、会場特設グリーンで試合が行われる団体戦という部分が特徴的です。

また、全てのショットは生中継され、試合は2時間以内に終わるように進行するそうです。

公式のインスタグラムにはイメージ画像が投稿されていました。

まるでテレビゲームのような雰囲気ですね。

移動がないのでサッカーや野球のように観戦することが出来て、今までのゴルフとは全然違う楽しみ方になるようです。

タイガーウッズさんを始め、ローリー・マキロイさんなど出場予定者もPGAツアーでご活躍するトッププレイヤーばかりとなっています。

そんな全く新しい取り組みに挑戦しようとしているので、忙しくない訳がありません。

ただ、ゴルフの新たな可能性を感じる取り組みだと思うので、成功させてほしいですね。

父親として子育てに奮闘中

タイガーウッズさんには子供が二人います。

2023年時点だと長女のサムさんは16歳で、長男のチャーリーさんは15歳になります。

下記の画像でいうと左から母親のクルチダさん、タイガーウッズ本人、チャーリーさん、サムさん、元恋人のエリカ・ハーマンさんです。

子供のことを最優先に大切にしていて、親子仲はとても良好です。

実際、子供たちは試合会場まで応援に駆け付けてくれています。

また、世界ゴルフ殿堂入りを祝う祭典の際は、サムさんがタイガーウッズさんのことをアスリートとしても父親としても称賛するスピーチを披露しました。

晴れ舞台で愛娘から贈られたメッセージは何よりも嬉しい思い出になったはずです。

チャーリーさんは現在アマチュアゴルファーとしてご活躍しています。

試合でも好成績を残していて、タイガーウッズさんがキャディとしてバッグを担ぎながら付き添うこともありますね。

父親というだけでなく偉大なプレイヤーが側にいてくれるなんて、きっと心強いと思います。

もちろんプレッシャーに感じる部分も多いと思いますが、上手く力に変換してこれからも頑張ってほしいです。

タイガーウッズの引退はまだまだ先?

タイガーウッズさんの引退はまだまだ先だと思います。

コロナの影響や交通事故などの影響で2020年から2023年までの三年間で出場できた試合は僅か8試合、獲得賞金は合計16万ドル(2,000万円くらい)です。

世界中を飛び回り年間5,000万円以上の経費がかかるというPGAツアー選手としては大赤字といえるでしょう。

腰・脚・膝など大きな怪我を抱えた身体は満身創痍で、痛みが出てきて棄権することも目立っています。

そのため、私を含めていつ引退してもおかしくないと考えている人は結構多いようです。

ただ、2024年度シーズンに向けた意気込みを話すなど、まだまだ意欲は衰えていません。

そういった姿勢を見る限り、引退はまだまだ先になりそうです。

それに、振り返ってみると引退する機会自体はたくさんあったと思います。

例えば不倫スキャンダルが発覚した2010年や、腰の故障で苦しんだ2013~2017年頃などです。

選手としては既に十分すぎるほどの実績を残し、経済面の心配もありません。

特に身体が資本のアスリートのため、腰の故障で苦しんだ時はご本人も引退について現実的に考えていました。

歩いたり座ったりする日常動作も上手くできず、先が見えない不安からもう終わりだと周囲に愚痴ってしまうこともあったそうです。

それでも2013年に世界ランキング1位に返り咲いたり、2019年にマスターズで14年ぶり5度目の優勝を達成するなど、復活を繰り返してきました。

そんな偉大でドラマティックな選手のため、多くのファンを魅了し、今回も復活してくれるのではないかという期待を抱かせてくれます。

無理はしてほしくないですが、彼のプレーが見られることを感謝しながら応援していきたいですね。

タイガーウッズのプロフィール&経歴

名前タイガー・ウッズ
英名Tiger Woods
生年月日1975年12月30日
年齢48歳 ※2023年時点
国籍アメリカ
出身地アメリカ・カリフォルニア州
出身校スタンフォード大学
身長185cm
体重84kg
出典元:https://www.alba.co.jp/

タイガーウッズさんはアメリカのカリフォルニア州サイプレス出身です。

父親で黒人の米陸軍特殊部隊グリーンベレーの退役軍人だったアールさんと、母親で華僑系タイ人のクルチダさん(和訳によってクンティダーやクルティダなど)の間に生まれました。

血筋でいうとアフリカ系よりもアジア系のルーツが多いため、タイガーウッズさん自身はアジア系と自称することがあるみたいです。

ゴルフ自体はスクラッチプレイヤー(ハンデなしでプレーする上級者ゴルファー)だった父親の影響で生後9カ月からゴルフを始め、幼児の頃から有名な選手となりました。

これまでにツアー通算80勝以上、生涯獲得賞金1億ドル突破、世界ランキング・賞金ランキングで何度も1位を獲得していて、彼の偉業や伝説は語りつくせません。

そこで百聞は一見に如かず、彼の凄さが一目で分かるプレーをご紹介しましょう。

2005年のマスターズで見せたスーパーショットで、ゴルフ界の伝説として語り継がれています。

そんな彼の経歴を分かりやすく簡単にまとめました。

  • 5歳でスコア100切りして8歳で70台を記録
  • 13歳から全国規模のトーナメント出場
  • 1992年に日産オープンでPGAツアー初出場
  • アマチュア時代に全米ジュニアアマ、全米アマを3連覇(タイガーズトリプルと呼ばれる)
  • スタンフォード大学を二年で中退して1996年8月27日にプロ転向
  • 1997年4月13日に史上最年少の21歳3ヶ月でマスターズ初優勝(12打差の-18で圧勝)
  • 1997年6月に初の世界ランキング1位獲得
  • PGAツアー史上最年少の21歳で賞金王獲得
  • 2000~2001年にかけて4大メジャー制覇(タイガースラムと呼ばれる)
  • 2004年にスウェーデン人のエリン・ノルデグレンと結婚
  • 2005年にダブルグランドスラム達成(4大メジャーすべてで2度以上優勝)
  • 2007年に第一子となる女の子のサムさん誕生
  • 2008年にトリプルグランドスラム達成(4大メジャーすべてで3度以上優勝)
  • 2009年に第二子となる男の子のチャーリーさん誕生
  • 2009年11月の交通事故で不倫スキャンダルが発覚
  • エリン・ノルデグレンと離婚してツアー無期限休養
  • 2010年のマスターズで復帰
  • 2013年ごろから腰のケガで苦しみ始める
  • 2017年に危険運転で逮捕(腰の痛みを抑えるため麻薬性鎮痛剤など複数の処方薬を飲む⇒薬の副作用で意識が朦朧⇒路肩に止めた車の中で寝ていたところを職質されて逮捕)
  • 2018年に復帰して2019年のマスターズで優勝
  • 2021年2月の交通事故で右足を複雑骨折(切断の危機もあった)
  • 2022年4月にマスターズでツアー復帰

なお、正式な本名は「エルドリック・タイガー・ウッズ」です。

元々は「エルドリック・ウッズ」で、「タイガー」は父親の戦友だった将校が由来の愛称だったそうです。

ただ、1996年12月30日の21歳の誕生日に改名申請を行って、ミドルネームに追加されました。

タイガーウッズの現在まとめ

  • タイガーウッズは現在も現役の男子プロゴルファー
  • 二人の子供の父親として子育てにも奮闘している
  • 2024年度シーズンからは月一で試合に出場予定
  • PGAツアーの理事も務めている
  • 新ゴルフリーグ「TGL」の企画者の一人
  • 子供のことを大切にしていて親子仲は良好
  • 意欲旺盛で引退はまだまだ先になりそう
  • プロフィールや経歴は記事内の通り

今回は男子プロゴルファーのタイガーウッズさんが現在何をしているのかまとめました。

ツアーでプレーする姿は減っていますが、現在も現役選手として意欲旺盛です。

父親やPGAツアー理事としても忙しく、身体のコンディション調整はすごく大変だと思います。

無理はしてほしくありませんが、これからも頑張ってほしいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次