須藤弥勒の父親や母親に兄弟姉妹の家族まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
須藤弥勒の父親や母親に兄弟姉妹の家族まとめ

女子ゴルファー須藤弥勒(すとうみろく)さんの父親や母親に兄弟姉妹の家族についてまとめました。

  • 父親の職業は?
  • 母親はどんな人?
  • 兄弟姉妹はいる?
  • 実家は群馬県太田市

ジュニアゴルフの世界4大メジャーで史上初のグランドスラム達成!「天才少女」と呼ばれる注目選手!

そんな彼女を支える家族について早速ご紹介していきましょう。

目次

須藤弥勒の父親「須藤憲一」

須藤弥勒さんの父親の名前は「須藤憲一」さんといいます。

1973年9月26日生まれなので2023年時点の年齢は50歳です。

インタビューなどによく応じていて顔出しもしているためご存じの人は多いと思います。

父親の須藤憲一さんは子供に何かスポーツを始めさせたいと考えていたため、まずは須藤弥勒さんの兄にゴルフを教えていたようです。

そして、須藤弥勒さんが一歳半の頃に気まぐれでクラブを握らせてみました。

すると一球目から空振りをしないでしっかりと打てて、すごい才能を感じたそうです。

それからは子供のため、下記のように時間もお金も投資を惜しまず指導を続けています。

 憲一さんはゴルフは素人。そこで、国内外の本を読みあさって、指導や練習の方法を研究してきた。

 自宅隣の660坪の土地を買い、グリーンやバンカーを備えた練習場をこしらえた。自宅にはスイング分析機器やパター練習専用の部屋もある。練習は長い時、1日10時間にのぼる。厳しい指導もしてきた。

出典元:https://www.asahi.com/

父親は競技ゴルフ経験がないため1,000冊以上もレッスン本を読破したそうです。

また、女子プロゴルファー横峯さくらさんを育て上げた父親の横峯良郎さんなど、実績のある指導者にコーチを依頼することもあります。

そして、約8,000万円かけて練習場を作ったり、1,000万円のスイング分析機器を導入するなどお金もかけていました。

子供の才能を伸ばすためとはいえすごいですね。

その厳しすぎるスパルタ指導は一般人からすると「おかしい」と心配されることもあるようです。

一部はテレビやインタビューなどでも公表していて、スイング中に近くで大声を出して集中力を養うトレーニングを見た時は驚きました。

ただ、須藤弥勒さんはそういった指導も父親の愛情としっかり理解しています。

それに、ジュニアゴルフの世界4大メジャーで史上初のグランドスラム達成という確かな実績も残しました。

そのため、親子仲はかなり良好で、おかしいといわれることもあるスパルタ指導は間違っていなかったといえるかもしれません。

東大で宗教を学んだ元教授

須藤弥勒さんの父親「須藤憲一」さんは東京大学出身の元教授です。

そもそも新潟県で28代続く浄土真宗大谷派の家に生まれ、小さい頃から宗教が身近にある生活を送っています。

そして、東京大学の大学院まで進み、人文社会研究科の宗教学宗教学史専攻の博士課程を修了して仏教の研究職に就きました。

オーストラリアやミャンマ ーなどでも学位を取得していて、須藤弥勒さんの指導に専念する前は教授にまで出世しています。

わずか1歳でクラブを握り、元東大教授で仏教学者の父・憲一さんの緻密な指導のもと着実に成長を続ける。

出典元:https://www.nippon.com/ja/

ペーペーの研究職の場合は年収300~400万円くらいで、一般企業の新入社員とそこまで変わりません。

ただ、東大の教授となれば年収1,000万円以上のお金持ちといえます。

その道に進んでいる人から見れば目標となる憧れの職業といえるかもしれません。

子供のためとはいえ、簡単には手放しづらい仕事といっていいでしょう。

それに、研究職というと安定的でちょっとお固めな職業の印象もありますが、父親の須藤憲一さんはかなりフットワークの軽い人のようです。

須藤弥勒さんの才能に気付くと仕事をやめて、子供のために時間やお金を使うようになります。

後悔は全然なくて、子供の側で夢を応援できる今が幸せとインタビューに応えていました。

なお、須藤弥勒さんの「弥勒」(みろく)という名前は父親が研究していた仏教に関連した弥勒菩薩(みろくぼさつ)が由来なんだそうです。

唯一無二の存在になってほしいという願いが込められていて、その通りの選手に成長中といえるでしょう。

現在の職業はゴルフ場職員

須藤弥勒さんの父親「須藤憲一」さんの現在の職業はゴルフ場職員です。

具体的には茨城県常陸大宮市にあるゴルフ5カントリーサニーフィールドに勤務しています。

地図でいうと下記の場所です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次