【ゴルフスイング撮影】スマホスタンドおすすめ厳選商品2選

【ゴルフスイング撮影】スマホスタンドおすすめ厳選商品2選

ゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドのおすすめ厳選商品をまとめました。

  • ゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドのおすすめは?
  • 選び方や利用上の注意点もご紹介!

自分のスイングを動画で撮影してチェックする方法はとても効果的で一般的な練習方法です。

そこで今回はコーチや友人などが側にいない時でも、自分一人でスイング撮影ができる便利なおすすめスマホスタンドをご紹介します。

目次

【ゴルフスイング撮影】スマホスタンドおすすめ厳選商品2選

ゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドとして厳選した商品を2つご紹介します。

  • スマホザウルス
  • EUG-PRODUCTS

スマホザウルス

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/14 06:06:57時点 楽天市場調べ-詳細)
タイプグリップ(厚さ2cmまで)
自立可否
角度調整
スマホ対応幅横幅約4~9cm
許容重量270g以下
本体サイズ横8cm×縦6.4cm×高さ11.5cmほど
本体重量約90g
リモコン×
コスパ十分
口コミ評価大手ネットショップで★4.5以上
特記事項ゴルフ練習器具メーカーの商品
注意

「スマホザウルス」は男子プロゴルファーの今平周吾さんや女子プロゴルファーの若林舞衣子さんの所属先であるゴルフ練習器具メーカーのダイヤゴルフが販売しています。

ゴルフスイング撮影のスマホスタンドとしては一番有名といえるかもしれません。

大体のスマホに対応していて、キャディバッグや椅子などに挟んで使えるだけでなくテーブルの上に自立させて使うこともできます。

リモコンは付いていませんが使い勝手がよく、口コミ評価でも高評価が多いです。

お値段的には高いわけではありませんが、類似商品の中には1,000円台の商品もあるのでコスパは抜群というよりも十分という感じですね。

あと、実用性優先のデザインやカラーでバリエーションはありません。

そのため、例えばゴルフグッズを黒色で統一したいというおしゃれやかっこよさを追求したいプレイヤーにはおすすめが難しそうです。

EUG-PRODUCTS

created by Rinker
EUG-PRODUCTS
¥3,980 (2024/06/14 06:06:58時点 Amazon調べ-詳細)
タイプ自立スタンド
自立可否
角度調整
スマホ対応幅横幅約6~9cm
許容重量不明
本体サイズ梱包時
25.8 x 6 x 4.6 cm
本体重量250g
リモコン
コスパ大体相場通り
口コミ評価大手ネットショップで★4.4以上
特記事項高さMAX157cm
収納時25cm
注意リモコンは充電式

EUG-PRODUCTSのスマホスタンドは自立するタイプです。

荷物が多くなりがちなゴルフにおいて、重量250gで持ち歩く時には25cmのコンパクトサイズに収まるのは本当に助かります。

また、撮影時にはMAX157cmまで伸びるので身長問わず対応できて、リモコン付きなので撮影の度に触る必要がありません。

そのため、撮りたい画角にいくらでも調整可能で、ずれやブレをいちいち気にしなくていいところも嬉しいです。

お値段的には2,000~3,000円台の類似商品もあるため、少し高めに感じるかもしれません。

ただ、1万円弱の商品もあるので実際は大体相場通りといえるでしょう。

あと、頑丈な素材や安定性重視の三脚タイプとはいえ限度があるので、風の強い日などの使用は注意が必要になります。

【ゴルフスイング撮影】スマホスタンドの選び方

ゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドの選び方として最初に気にするポイントは「グリップ」と「自立スタンド」のどちらにするかです。

スマホスタンドは色んな種類がありますが、スイング撮影で使う場合は何かに挟んで使うグリップタイプと三脚などが付いた自立スタンドタイプに分かれます。

主なメリット&デメリットをまとめると下記の通りです。

タイプメリットデメリット
グリップ安定力が高い
価格が安い
サイズが小さめ
固定場所が必要
高さや画角の調整が難しい
リモコンなし
自立スタンドどこでも使える
高さや画角の調整が簡単
リモコン付きあり
安定力が低い
値段が高め
サイズが大きめ

グリップ式の最大の魅力は安定感があるところで、多少風が強い日でも使用可能です。

ただ、キャディバッグ・椅子・テーブルなど固定場所がどうしても必要になります。

また、高さや画角の調整も慣れるまでは難しいかもしれません。

一方、自立スタンド式はどこでも簡単に利用できて使い勝手がいいです。

その分、安定感が欠けて風の強い日などは転倒の恐れがあって使えない場合もあります。

それぞれ一長一短があるので、まずは使いたいゴルフ場やコースで固定場所を準備できるかどうかで考えてもいいかもしれません。

グリップ式の選び方

グリップ式のスマホスタンドで気にするポイントは下記の通りです。

  • グリップ力
  • スマホ対応幅
  • 角度調整可否
  • サイズや重量

粗悪品でなければ大丈夫なはずですが、どれだけグリップ力があるかは一番最初にチェックしましょう。

撮影で触るたびにずれたりするとかなりストレスになります。

また、何cmまで挟めるかなど、どこに付けられるかも確認した方がいいです。

あとはそもそも自分のスマホで使えるのか、スイング撮影に向けて細かな角度調整ができるかは必須の確認事項といえます。

そうやって絞り込めた商品の中からサイズや重量などで選べば大きな失敗はしないはずです。

自立スタンド式の選び方

自立スタンド式のスマホスタンドで気にするポイントは下記の通りです。

  • 高さ
  • スマホ対応幅
  • 角度調整可否
  • サイズや重量

スイング撮影は腰ぐらいの高さで撮るといいといわれています。

子供から高身長の大人まで幅広く考えると100cmくらいは欲しいかもしれません。

ただ、2mとか高くなりすぎるとオーバースペックで安定感も損なわれます。

それに、段階的ではなく任意の高さに調整できるタイプの方がおすすめです。

あとは自分のスマホで使えるか、細かな角度調整ができるか、持ち運びを考えてサイズや重量をチェックしましょう。

リモコン有無はオプション的な感覚で、活用できればいちいちスマホに触らないで済むので撮影が楽になります。

画角のずれやブレなどの心配もありませんが、絶対欲しい機能かといわれると人ぞれぞれなのでお好み次第です。

【ゴルフスイング撮影】スマホスタンドは100均でOK?

ゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドですが、100均で揃えるのはかなり難しいです。

自分がどんなスイングをしているのか確認しやすいように撮るにはスマホスタンドの高さや画角の調整が必要です。

ただ、100均ではテーブルなどで使用する角度が調整できないタイプか、手に持って使うハンディタイプばかりが売られています。

日常的な場面では十分かもしれませんが、ゴルフスイングの撮影的には用途があっていません。

そのため、そのまま使うことはほとんどできないでしょう。

もちろん工夫次第で使えないことはありませんが、効果的な練習のためには毎回同じ高さ・角度で撮影しやすいアイテムがあった方がいいです。

何万円もする商品でもないので、100均にこだわらずお手頃価格の商品から試してみてもいいかもしれません。

【ゴルフスイング撮影】スマホスタンドの注意点

ゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドの使い方で特に注意してほしいポイントを3つご紹介します。

  • 周囲に配慮する
  • 練習場やコースのルールを守る
  • 毎回同じ高さ・角度を意識する

周囲に配慮する

ゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドを使う時は周囲に配慮しましょう。

他の人の練習やプレーの邪魔にならないようにすることはもちろん、映らないように注意することも必要です。

また、ほとんどしないかもしれませんが撮影音にも配慮できるとばっちりだと思います。

スマホスタンドというより写真や動画を撮る時のマナーといえるかもしれませんが、熱中すると忘れやすくなるので注意しましょう。

なお、スイングをカメラ内に収めるために後ろに下がりすぎると他のお客さんの迷惑になりやすいです。

そのため、スマホに付けられる広角レンズがあると便利かもしれません。

対応機種や必要な倍率は人それぞれで、画像の周りの歪みが気になる人もいるかもしれませんが、効果的な練習のために検討してみても良さそうです。

created by Rinker
¥2,499 (2024/06/14 06:06:58時点 楽天市場調べ-詳細)

練習場やコースのルールを守る

ゴルフスイング撮影は周囲に配慮するだけでなく、練習場やコースのルールを守りましょう。

他の場所では大丈夫だったからと過信するのは良くありません。

特にコースでは後続の迷惑になったり、実害がなくても気に障ってしまう可能性があります。

ちなみに、ゴルフの試合観戦で使いたいという場合も注意が必要です。

試合中のスマホ自体の使用を禁止している場合も多いので、必ずルールを確認して楽しく観戦しましょう。

毎回同じ高さ・角度を意識する

ゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドを効果的に使うため、毎回同じ高さ・角度を意識して撮影しましょう。

適当に撮影してしまうと上手く比較ができなくて活用できません。

そのため、スマホスタンド自体に高さの目安や、角度の目安が分かりやすいような印をつけるなどの工夫もおすすめです。

ちなみに、プレイヤーの斜め前から撮るのはやめた方がいいです。

特に初心者の場合はボールがどこに飛んでいくか分からない危険があります。

他にも撮る時のコツとして腰の高さで撮るとか、スイング全体が入るようにするなど色々あります。

その中でも一番大切なのは調子がいい時も悪い時も記録に残すことだと思っています。

調子がいい時は面倒に感じたり、調子が悪い時はそんな気分になれないかもしれません。

ただ、後々どこがいいのか、何が悪いのか確認できるのでおすすめです。

【ゴルフスイング撮影】スマホスタンドおすすめ厳選商品まとめ

今回はゴルフスイング撮影に便利なスマホスタンドのおすすめ厳選商品をまとめました。

また、選び方や利用上の注意点もご紹介したので、自分のお気に入りを見つけて正しく利用してほしいです。

ちなみに、最近はスイング軌道を分析してくれたり、動画をスロー再生してくれる無料アプリも配信されています。

スマホスタンドと上手に組み合わせて、効果的な練習に活用していくといいかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次