笹生優花の父親や母親はどんな人?両親や兄弟姉妹の家族構成まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
笹生優花の父親や母親はどんな人?両親や兄弟姉妹の家族構成まとめ

女子プロゴルファー笹生優花(さそうゆうか)さんの父親や母親、兄弟姉妹のお話をまとめました。

  • 父親の名前や職業は?
  • 母親の名前や年齢は?
  • 兄弟姉妹はいる?
  • 家族エピソードは?

山下美夢有さんや西郷真央さんたちと同じ新世紀世代として注目の女子プロゴルファー!

そのご活躍を支える家族について早速ご紹介していきましょう。

目次

笹生優花の父親「笹生正和」の職業は不動産賃貸業

笹生優花さんの父親の名前は「笹生正和」(さそうまさかず)さんといいます。

娘のコーチを務め、顔出しでインタビューなどにも応じているのでご存じの人も多いかもしれません。

2023年時点で年齢は63-65歳くらいで、職業は不動産賃貸業を営んでいます。

過去に大手メディアのインタビューでご紹介されていました。

もともとJRの職員だった正和さんは、退職金を元手に千葉で砂の運搬業を起ち上げ、現在は東京の下町で不動産賃貸業を営んでいる。

出典元:https://gendai.media/

大手のJR職員だったということなのでかなり高収入だったと考えられます。

その上、現在も仕事を続けているということなので、割と裕福なご家庭だったといえそうです。

ただ、ご本人はお金持ちじゃないとインタビューでお話されていました。

日本で宮里藍さんに憧れてプロゴルファーを目指した娘を練習に通わせ続けるため、フィリピンに移住したと下記のようにお話されています。

宮里藍さんらに憧れ、8歳で「世界一になりたい」とゴルフの道へ。正和さんは「うちはお金持ちじゃない。日本でずっと練習に通うことは無理だった」と振り返る。物価の安いフィリピンへ、小学3年生になる前に移住した。

出典元:https://www.daily.co.jp/

子供をプロゴルファーに育てるには5,000万円かかるといったお話があります。

クラブなどの道具だけでなく、日々の練習や試合の遠征費などでどんどんお金が無くなっていくそうです。

そのため、理屈としては分かりますが移住を決断するのはすごいですね。

かなり子供想いの人ということが分かります。

ちなみに、フィリピン人の奥さんとは1998年に友人夫婦を通じて出会ったとインタビューでお話されていました。

国際結婚は色々とハードルが高いと思いますが、はじめから気が合ってご結婚したそうです。

父親は笹生優花のコーチ

父親は笹生優花さんのコーチをしています。

2018年に公開された動画では親子で一緒にトレーニングする様子や、フィリピンの自宅をご紹介してくれました。(再生時間0:48~)

ハードすぎるトレーニングメニューに驚くとともに、素敵な自宅に見入ってしまいます。

フィリピンでは一般的なのかもしれませんが、やはりそれなりにお金持ちと考えてしまうほど立派です。

父親は武道経験者で日本刀好き

父親の笹生正和さんは武道経験者で日本刀好きです。

元々、千葉県の漁師の家に生まれ、高校時代まで柔道・空手・剣道に取り組んでいました。

そういった武道の経験からだと思いますが、日本刀が趣味といえるくらい好きなんだそうです。

娘の笹生優花さんのスポンサーについている日本刀専門店もそのご縁のようですね。

笹生優花の母親「フィリッツイ」の年齢は43-45歳くらい

笹生優花さんの母親の名前は「フィリッツイ」(Fritzie)さんといいます。

2023年時点で年齢は43-45歳くらいで、笹生正和さんとは20歳離れている年の差婚です。

インタビューなどにはほとんど応じておらず、メディアに顔出しもほとんどしていません。

そのため、どんな方なのかはあまり分かりませんでした。

恐らく陰から見守るタイプなんだと思います。

今後もあまり公の場には出てこないと思いますが、何かきっかけがあればお話を聞いてみたいですね。

笹生優花の兄弟姉妹は妹一人と弟三人

笹生優花さんには妹が一人、弟が三人います。

そのため、5人きょうだいの長女となります。

名前や年齢など分かった範囲でまとめると下記の通りです。

兄弟姉妹名前年齢
本人笹生優花22歳
笹生ひろみ不明
笹生誠哉不明
笹生龍聖14-16歳くらい
笹生竜児14-16歳くらい
2023年時点

笹生優花さんの妹は笹生ひろみさんというそうです。

「ひろみ」が漢字なのか平仮名なのかは分かりませんでした。

弟の名前は笹生誠哉(さそうせいや)さん、そして笹生龍聖さんと笹生竜児さんは双子です。

年齢など詳しいお話はあまり見つからなくて、メディアに顔出しもしていません。

ただ、小さい頃に父親の笹生正和さんがゴルフ場へ兄弟姉妹全員連れて遊びに行った時、笹生優花さんより妹や弟の方が上手かったそうです。

でも、笹生優花さんが一番楽しそうで、連れて行ってほしいといわれるようになったことがゴルフを始めたきっかけだったというお話が見つかりました。

もし、妹や弟もプロゴルファーを目指していたら凄いことになっていたかもしれませんが、現状そういったお話は見当たらないので、姉とは違う道に進んでいるんだと思います。

実は兄もいる?

笹生優花さんの兄として斉藤貴正さんという方が紹介されたことがあります。

具体的には2021年にチャリティートーナメントの賞金を病院へ寄付した時のセレモニーへ一緒に参加されていました。

今大会にも同行していた父・正和さんをはじめ母・フリッツィーさん、兄・斉藤貴正さんが同席。家族に囲まれた笹生はツアー会場で見るより少し子供っぽく、かわいらしかった。豪快なショットや、新人でも物おじせずに堂々とフェアウエーを歩く姿だけが印象に残っていたが「家庭に帰るとこんな顔をしているんだな~」といとおしくなった。

出典元:https://www.chunichi.co.jp/chuspo

どういったご関係なのかはよく分かりませんでしたが、苗字が違うところなどから考えると異母兄弟なのかもしれません。

そう考えると、父親の笹生正和さんには離婚歴があるのかもしれませんね。

笹生優花の家族エピソード

笹生優花さんの家族エピソードとして、幼少期から過酷なトレーニングを経てプロになった経緯をまとめてご紹介しましょう。

父親がきっかけでゴルフを始める

笹生優花さんはフィリピンで生まれましたが、母親のフィリッツイさんが日本の教育の方がいいのではないかといったことをきっかけに、日本の小学校に通うことになりました。

ただ、当時は日本語が上手く話せず、友達も上手く作れなかったようで、小学校から変えるとつまらなそうに家で過ごしていたそうです。

大人でさえ環境の変化に戸惑うはずなので、敏感な年頃の幼少期なら仕方ないことといえるかもしれません。

そんな姿を見た父親の笹生正和さんが色んなところへ連れていき、ハマったのがゴルフでした。

日課といえるほど通ううちに当時人気となっていた宮里藍選手に憧れ、プロゴルファーを目指すようになります。

彼女に憧れた人は多く、現在女子プロゴルファーとしてご活躍されている鈴木愛さんや西村優菜さんなども大きな影響を受けた選手として知られています。

そして、笹生優花さんもそのうちの一人だったそうです。

愛ある厳しいトレーニングメニュー

笹生優花さんが小学校二年生の時に行っていたトレーニングメニューは下記の通りです。

毎朝の起床は午前5時。30分間のランニングをしてから、ギアを最大にした自転車をさらに30分間全力で漕ぐ。それが済んだらゴルフ場へ。

両半身を均等に鍛えるため、野球のバットを持って左右での素振りも50回ずつ。小学2年生の笹生は、これらすべてを文句ひとつ言わず、黙々とこなしていった。

出典元:https://gendai.media/

プロのアスリートの世界は厳しく簡単ではありません。

父親は何度も伝えたようですが娘の思いが変わらなかったため、親として出来る限りのことをしようと練習メニューを考えて教え始めました。

その内容は小学校二年生向けとは言えないほど過酷でしたが、子供想いの愛情の裏返しといえるでしょう。

そして、笹生優花さんは文句を言わずについてきたそうです。

娘の本気を理解した父親は資金面の負担を考え、活動拠点をフィリピンに移しました。

また、練習時間を確保できるように小学校も通信制の学校を選んでします。

すべては娘のゴルフのためとはいえ、ここまで徹底的に出来る人は多くないでしょう。

さらに、高校まで武道を習っていた経験から基礎と下半身の鍛錬の重要性を理解していた父親は、その後も徹底的なトレーニングメニューを与え続けました。

例えば、成長に合わせて回数を増やしていったスクワットは中学校に入学する頃には一日1200回ほどになったそうです。

怪我がないようにマッサージなども丁寧に行っていたそうですが、大人でもぐったりしてしまいそうな内容ですね。

そういった努力の結果、笹生優花さんは中学生で250ヤード越えのドライバーを武器に、同世代でも注目を集める選手へ成長しました。

挫折を経て深まる親子の絆

笹生優花さんは努力を惜しまず、厳しいトレーニングを積み重ねていきました。

そのままスター街道まっしぐら・・・となればよかったんですが、厳しいアスリートの世界は簡単ではありません。

年上の選手と対決した時に自信のあったドライバーも敵わず、大きな挫折を経験します。

そして、立ち向かうには練習しかありませんでしたが、既に人一倍過酷な練習をさせていると分かっていた父親の心の方が折れかけてしまったそうです。

ただ、娘の一言で再度、親子二人三脚で戦い続けることを決めたと下記のようにインタビューでお話されています。

「あのときは父として率直な気持ちを伝えました。『これ以上お前に厳しいことをさせるのはごめんだ。

なんであんなに辛い思いをしなきゃいけなかったんだと恨まれるのが、親として一番嫌だ』と。

でも、優花は『そんなことはぜったい言わない。私はもっと頑張りたい』と目を見て言い切った。『親の自分が弱気になってはいけないな』と、反省しました」(正和さん)

出典元:https://gendai.media/

それから練習で厳しくしても親を憎まないこと・嫌わないこと・娘として笑顔を忘れないことという「誓約書」にサインしてもらったというエピソードは有名ですね。

その後、両足に2.5kgの重りを付けたり、10kgのウエイトベストを着てダッシュなどの練習メニューを考え、こなしていきました。

ボクシングや野球のノックを取り入れたりするなど、個性的で過酷なトレーニングはテレビなどでも取り上げられています。

漫画みたいな内容だと思ったら、実際に父親が大好きな漫画「柔道一直線」の影響もあるみたいです。

そんな中、笹生優花さんは語学面でも努力を積み重ねています。

世界中を飛び回るうちにフィリピン語(タガログ語)や日本語だけでなく、英語・韓国語・タイ語の会話もマスターしたというから驚きです。

現在女子プロゴルファーとしてご活躍されている裏側には、娘のために全身全霊をかけて取り組んできたご家族がいたということがよく分かりますね。

笹生優花の両親や兄弟姉妹の家族構成まとめ

  • 笹生優花の父親の名前は「笹生正和」
  • 元JR職員で現在の職業は不動産賃貸業
  • ご本人曰くお金持ちではないそうだが、それなりに裕福な様子
  • 母親の名前は「フィリッツイ」
  • 2023年時点で年齢は43-45歳くらいであまり公の場には出ていない
  • 兄弟姉妹は妹が一人、弟が三人いるため5人きょうだい
  • 兄がいるようだが異母兄弟なのかもしれない
  • 幼少期から過酷なトレーニングを積んできた家族エピソードがすごい

今回は笹生優花さんの父親や母親、兄弟姉妹についてご紹介しました。

愛情深いご家族に支えられてきたからこそ現在のご活躍があるということが分かります。

その思いを力に変えながら、今後も頑張ってほしいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次