中島啓太の年収はいくらなのか?

当ページのリンクには広告が含まれています。
中島啓太の年収はいくらなのか?

男子プロゴルファー中島啓太(なかじまけいた)さんはどれくらい稼いでいるのか?

気になったのでまとめてみました。

  • 中島啓太の年収は?
  • 総資産はどれくらい?

人気選手なので数億円以上あっても不思議ではありません。

気になる金額について早速お話していきましょう。

目次

中島啓太の年収は?

中島啓太さんの推定年収は下記の通りです。

中島啓太の推定年収
2022年約4,480万円
2023年約1億円以上

2022年にプロ転向して早々にテーラーメイドと大型契約となる用具契約を結んでいるので、獲得賞金とスポンサー収入を合算して予想しました。

2023年はまだ分かりませんが、8月時点ですでに年収1億円以上になっていることは間違いありません。

なお、その他としてCM・イベント出演料や副賞などもあると思いますが、今回は割愛して考えています。

このままいけばいい成績を残せそうなので、2024年からは年収も跳ね上がっていきそうですね。

ちなみに、ツアーなどに出場するプロゴルファーの平均年収は大体3,000万円くらいといわれています。

一般的に見るとかなりの高収入ですが、大会遠征費などの出費は多く、国内の主要大会に出場するだけで年間約1,000万円ほどかかるそうです。

また、年収億越えのトップ勢が平均を押し上げている裏事情もあります。

そして、中島啓太さんも将来は間違いなくトップ勢といえる年収を稼ぐ選手に成長していくでしょう。

そのため、今後の飛躍がとても楽しみですね。

中島啓太の獲得賞金は?

中島啓太さんの獲得賞金は総額で約1億330万円です。

年度別の内訳は下記の通りとなります。

年度獲得賞金
2022約1,480万円
2023(8月時点)約8,850万円

JGTO公式サイトの情報を元に金額を分かりやすいよう概算でまとめています。

2022年9月にプロ転向したため、2023年度シーズンからフルで参戦中です。

そして、8月時点で賞金ランキング1位なので、このままキープできれば賞金王という好位置につけています。

元世界アマチュアランキング1位の実力は半端じゃないですね。

もちろんアスリートの世界なので簡単にはいかないと思いますが、頑張ってほしいです。

中島啓太のスポンサー収入は?

中島啓太さんのスポンサー収入は推定で年間4,000万円くらいありそうです。

各スポンサー企業との契約金や契約期間は公表されていません。

そのため、相場からの推定となりますが、大口契約といえる用具契約を結んだ「テーラーメイド」から3,000万円くらいの収入がありそうです。

そして、その他のスポンサー契約で1,000万円くらいと考え、合算した予想金額となります。

なお、どんな企業と契約しているか?気になる詳細は別記事でまとめてご紹介しています。

正直、彼のレベルならもっと高収入でも不思議ではないのですが、大口契約となる所属契約を結んでいないフリーの選手です。

また、プロ転向したばかりなので、まだまだスポンサー企業が少ないみたいですね。

ただ、今後もいい成績を残していけば、松山英樹さんや石川遼さんのような億単位のスポンサー収入を集められる選手になっていくでしょう。

そのため、今後のご活躍に注目していきたいと考えています。

どんなスポンサー企業が応援してくれるのか、今から楽しみですね。

中島啓太の総資産

中島啓太さんの総資産はそれほどないかもしれません。

2022年にプロ転向したばかりで、スポンサー企業も少ないです。

そのため、何年も戦い続け、10社以上のスポンサーに応援されているトッププレイヤーたちのような収入はありません。

その分、資産として残っているお金も多くないと考えられます。

ただ、元世界アマチュアランキング1位で、2023年度シーズンは現時点で賞金ランキング1位の実力者です。

人気も高い選手なので、今後は収入も資産もどんどん増えていくと考えられます。

日本トップレベルの石川遼さんや松山英樹さん並みに成長して、稼いでいくことも十分あり得るお話です。

むしろ、数年後にはそうなっていると考えています。

その時になったら追記してご紹介する予定なので、今後の成長が楽しみですね。

中島啓太の年収まとめ

  • 中島啓太の推定年収は記事内の通り
  • 獲得賞金は総額で約1億330万円
  • スポンサー収入は年間で4,000万円ほどと推測
  • 総資産はそこまで多くないかもしれない
  • 今後は石川遼や松山英樹などに並ぶくらい稼いでいくはず

今回は男子プロゴルファーの中島啓太さんの年収についてまとめました。

プロになったばかりですが、既に年収は1億円を越えそうです。

まだまだスポンサー企業は少ないですが、今後はどんどん増えて収入も飛躍的に増えていくでしょう。

そのため、これからのご活躍に加え、どれくらい稼いでいくのかも楽しみな選手といえるかもしれません。

数年後には日本ゴルフ界を代表する石川遼さんや松山英樹さんクラスの年収に匹敵すると考えています。

もちろんプロゴルファーとしていい成績を残す必要がありますし、アスリートの世界ではかなり難しいこととなります。

ただ、きっと彼なら成し遂げてくれると思うので、今後も応援していきたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次