【丸山茂樹の息子】丸山奨王のプロテストなどプロフィールまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
【丸山茂樹の息子】丸山奨王のプロテストなどプロフィールまとめ

男子プロゴルファー丸山茂樹さんの息子である丸山奨王さんのプロフィールをまとめました。

  • 丸山茂樹の息子はどんな人?
  • 丸山奨王のプロテスト結果は?
  • 出身や大学などプロフィール
  • 名前の本当の読み方は?

日米ツアーで大活躍して一時代を築いた丸山茂樹さんの子供で、男子プロゴルファーとしてご活躍する若手選手の一人!

そんな彼のプロテスト結果や出身、大学などのプロフィールをご紹介します。

目次

丸山奨王のプロテスト結果

丸山奨王さんはプロテストに合格していません。

どうやら受験さえしていないみたいです。

ただ、2022年にプロ宣言して男子プロゴルファーにはなっています。

そして、2022年の「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント」に主催者推薦で出場してプロツアーデビューもしました。

そもそもプロテスト合格はプロになるための王道ルートの一つというだけで、それ以外にもプロになる方法はあります。

そのうち、丸山奨王さんはプロ宣言してアマチュア資格を返上する道を選んだようです。

これによって試合で賞金を得ることはできますが、試合の出場資格を得るためにQT(予選会)などを突破する必要があります。

かなり大変な様に見えますが、もしかしたら将来的にアメリカでの活動を視野に入れた方針なのかもしれません。

でも、これからプロテストに挑戦して合格を目指す可能性も十分ありそうです。

どちらにしても丸山茂樹さんの息子としてプレッシャーがかかる場面も多そうですが、一人の若手選手として頑張ってほしいですね。

丸山奨王はアメリカ出身

丸山奨王さんはアメリカのカリフォルニア州・ロサンゼルス出身です。

日本語も英語もペラペラなバイリンガルで、小さい頃からアメリカで育ったためアメリカ人気質も兼ね備えています。

小さい頃のエピソードとして下記のお話が紹介されていました。

そういう意味でも、ひそかに丸山が期待を寄せているのが長男・奨王くんだ。アメリカで生まれ、20歳までは日本とアメリカの2つの国籍を持つ愛息は、日本語で話すときはシャイで恥ずかしがり屋なのに、英語だとたちまち強気な“アメリカ人”になるのだという。ある日の公園での出来事だ。ひとりの女の子が、奨王くんが英語を話せることも知らずに言ったそうだ。「あの子は日本人だから仲間に入れない」。その言葉を聞いた奨王くんはたちまち顔を真っ赤にして言ったという。「I’m American!」。そして、その女の子にどうして仲間はずれにするのかと詰め寄った上に、その子の親にも猛抗議。無礼に対し、堂々と謝罪を求めたという。

出典元:https://www.golfdigest.co.jp/

ゴルフの実力もメキメキと伸ばしていて、英語で喧嘩できるくらいの語学力もあることから、丸山茂樹さんは息子の成長がとても楽しみだったそうです。

そんな父親の思いも引き継いで、男子プロゴルファーになったのかもしれません。

なお、現在は日本国籍を選んでいます。

ちなみに、小さい頃から丸山茂樹さんが購入したロサンゼルスの豪邸で生活していました。

生まれたばかりの頃はロサンゼルスの街が一望できるマンションの19階だったようです。

その後、2004年に760万ドル(約8~10億円くらい)で購入した大豪邸に移り住みます。

ハリウッドスターやサッカー選手のデビッド・ベッカムも欲しがった物件として丸山茂樹さんはご紹介していました。

投資の側面もあったそうですが、プール・テニスコート・サウナ・オーディオルーム付きで寝室が6つ、バスルームが9つあったそうです。

そして、建坪数百坪で土地はそれ以上あり、家にあるスイッチの数は1000個だったとか、家族三人がどこにいるか分からないのでインターホンで呼んでいたなど、信じられないエピソードを数々ご紹介していました。

そんな豪邸に9年住んだ後、今度は新築で使い勝手のいい大きさの豪邸に移り住んだそうです。

丸山奨王さんはそれらの豪邸に住んでいたため、一般的な日本の住宅だと狭く感じてしまいそうですね。

丸山奨王はカリフォルニア大学を卒業

丸山奨王さんはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)を卒業しています。

100以上の学部・学科があり、ハーバードやスタンフォードと並ぶ名門大学です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次